本文へスキップ

飛行機で使うチャイルドシート、ハワイで使えるチャイルドシートをご自宅までお届けします。

電話でのお問い合わせは048-469-2221

メールでのお問い合わせはこちら

*表示の料金は全て税別です。消費税を別途承ります。
自社集配区域内7,000円(税別)以上送料無料。7,000円未満でも700円(税別)です。

レンタル チャイルドシート イーブンフロー トリビュート 寸法詳細画像

レンタル チャイルドシート トリビュート スポーツ

アメリカ基準の乳幼児兼用チャイルドシート。
新生児から4才頃まで。
■2点式シートベルト車にも対応。
■FAA(米国連邦航空局)認可。本体表示  飛行機での使用もできます。実際の使用に関しては、ご利用の各航空会社へお問い合わせ下さい。 >赤ちゃんと飛行機でお出かけのご参考
■飛行機だけでなく自動車で使えますから、ハワイやグアムなどのアメリカ合衆国でチャイルドシートとしてご利用いただけます。
*日本で一般に売られているチャイルドシート(UN ECER44適合)は、アメリカ合衆国内では適法のチャイルドシートと認められません。使用は不可です。
*必ず事前にご利用航空会社に使用可否をご確認ください。


詳細画像

1.チャイルドシートの幅について

航空会社から寸法の詳細についてお問い合わせを受けたお客様がいらっしゃいました。
お客様が説明ができるように、あるいは航空会社の方が確認できるように画像で説明をしてみます。
特に気になるのはチャイルドシートの幅のようです。
お問い合わせは、ひじ掛けの幅46cm以内に入るかどうかがポイントのようです。
42cm以内という表記をしている航空会社もありましたので、以下実際のチャイルドシートで計ってみました。


上の写真はチャイルドシートの座面を上から見たところです。
メジャーの目盛りが見えるように写真を撮りました。
一番広いところでも42cm以内になります。

チャイルドシートの座面の下、飛行機の座席と接する部分の幅を見てみます。
前端部より少し後ろが最大幅となるようですが、42cm以内には充分なっているようです。

背もたれ部の幅も気になると思い、計ってみました。
最大幅の部分を計っても42cm以内のようです。
>>チャイルドシート レンタルのページへ戻る


2.チャイルドシート取付け用のホールサイズについて

チャイルドシートの幅についてお客様へお伝えしたところ、ベルトを通す穴のサイズを航空会社が確認したいとのことでした。併せて穴のサイズを計ってみました。4×2cm以上あるでしょうかとのことだったようです。

サイドビューに貼ってあるシールの、水色の部分の矢印が指している穴が、ベルトの通る部分となります。(前向き使用時)
チャイルドシートの固定は、飛行機の座席のシートベルトでします。
飛行機のシートベルトのバックルが穴に入るかが気になるようです。
バックルを通すのに幅4cm、厚さ2cm程度が最低必要になるとのことでした。

上の写真の穴に飛行機のシートベルトを通します。
写真はチャイルドシートを寝かしていますので、実際は右回り(時計回り)に75度ぐらい回した角度となります。

穴の幅は10cm以上あり、十分に飛行機のシートベルトの幅はクリアできます。


今までの写真で、高さも十分にあることは想像できると思いますが、複雑な形状の穴で狭そうなところを計って見ましたが4cm程度はあります。
従いまして、飛行機のシートベルトを通すのに十分なサイズと思われます。
>>チャイルドシート レンタルのページへ戻る


3.チャイルドシートサイズについて

更にお問い合わせをいただきました。チャイルドシートの高さと奥行です。
メーカー記載の寸法は、W 470 × D 558 × H 647 mmです。

背もたれの最上部から床に向けて垂直に下したメージャーの目盛りは約64cmでした。



続いて奥行を計ってみました。
およそ41cmでした。

航空会社の方々は安全に関して高い注意を払っています。スムーズな運航も大切にされています。カウンターに着いてからではなく事前に十分な確認をお願いします。
>>チャイルドシート レンタルのページへ戻る


*表示の料金は全て税別です。消費税を別途承ります。
ご注文フォーム

電話でのお問い合わせは048-469-2221

メールでのお問い合わせはこちら